迷惑な客たち…サービス業界、激アツ! 日頃の不満がバクハツ!!

■レストランなどの接客業に従事する人たちが目撃した「嫌な客」に関して激アツ討論。イカれた客たちの信じられない行動が、次々に明らかとなった。「デイリー・メール」紙(電子版)が報じた。

英国のある女性が子育てサイト「マムズネット(Mumsnet)」で、サービス業に従事した経験がある人々を対象に、これまで出会った変な客、嫌な客に関する体験談を募った。日ごろから傍若無人な客に振り回され、不満のマグマが溜まりに溜まっていた人々が多いらしく、出るわ出るわ、嫌な客暴露の大噴火となった。以下、そのほんの一部をご紹介。

「傷みやすい生ものの商品の配達日を勝手に変更して遅らせたのに、届けたら腐っていたと文句を言ってきた」「サイズが明確に記載されている家具を届けたら、もっと大きいと思っていたと突っ返して来た」「6人で予約していたけど、194人に増えちゃった。大丈夫よね? と聞いてきた客がいた。どういう頭の構造してるの?」「客が現金で支払ってきたんだけど、1ポンド20ペンス足りなかった。そしたら私の顔を見て、あんた払ってよ、だって」「店で一番安いドラフトビールを頼んでおいて、味がおかしいとゴネ続け、最終的に店で一番高いビールと交換させた」。

「食事が終わっていたのでお皿を片付けていて、もう持てないくらい持って両手が塞がっているのに、あら、こっちのチップスとラザーニャの皿、忘れてるわよだって。わたしはタコじゃないっちゅうの、それ以上持てないことくらい見りゃ分かるだろっちゅうの」「4人で予約していた客が、来てみたら大人4人と子ども4人の計8人だった。店は満席だったので、8人用のテーブルは用意できないと言ったらブチ切れられた。最初から8人で予約しろっての」「テーブルの清掃をしているのに、勝手に座り込む客がいて。彼らを避けて掃除しなくちゃいけないから、余計時間かかっちゃって。なんでもう1分、待てないかね」「オンライン・ショッピングの会社で働いているんだけど、説明書きを読まない人が多いのよね。3個入りって書いてあるのに、3個しか入っていなかったって苦情言ってくる」。

サービス業に従事する人に横柄な態度をとるような人間は、大体ロクな人間ではありません。(訳者個人の感想です)

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)

職探し・求人 最新情報

イギリス情報掲示板 PANDORA
Feed not found!

PANDORAで職探し・求人情報をもっと見る