チキン値上がりで高級食材に? ビーフ並みの値段になる!?

■専門家の予測によると、生産コストの高騰が原因で、鶏肉がやがてビーフ並みに高級な食材となるかもしれないという。英メディアが報じた。

鶏肉は価格が手頃と言う理由もあり英国の食卓で根強い人気があるが、他の食肉には見られない課題に直面している。スーパーマーケット「コープ」のスティーブ・マレル代表はサンデー・タイムズの取材に対し「英国で飼育されている牛の大部分は牧草で飼育されているため、鶏のように栄養素を多く含む高密度飼料を与える必要はない。これまで信じられないほど安価で提供されていたチキンは今後、他のどの蛋白源よりも急激な勢いで値段が上がることが予想されている。やがて牛肉並みの値段になる可能性がある」と話した。

鶏の餌代はこの1年で50%も上昇。ウクライナ戦争以後はさらに悪化しているという。鶏の餌は主に大豆、ヒマワリ粉、小麦から作られているが、これらの仕入れ値がいずれもここ数ヵ月で急上昇している。ロシアとウクライナはヒマワリ粉の原料であるヒマワリと小麦粉の輸出国として知られる。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)