議会内でポルノ鑑賞!保守党議員、辞職

■保守党庶民院(下院)の男性議員が議会中、携帯電話でポルノサイトを鑑賞していたという疑惑が浮上。辞職に追い込まれる出来事があった。英各メディアが報じた。

疑惑の議員は最前列の議席に着くフロントベンチャーの一人だといい、告発した女性閣僚の隣でポルノを鑑賞していたと言われる。同閣僚はまた、議員に議会中のポルノ動画視聴の常習性があることを指摘した。ポルノを鑑賞している様子は別の女性議員によっても目撃されていた。調査の結果、疑惑の議員は保守党のニール・パリッシュ議員(65)=写真=であることが判明。保守党のスポークスマンは「調査の期間中、パリッシュ議員の登院が禁止されている」と明らかにした。

パリッシュ議員は1日、BBCのインタビューに議会内で2度ポルノサイトに接続した事実を認め、「1度目はトラクターを検索中にサイトの名前が類似したポルノサイトに誤って接続された全くのアクシデントだった。しかし私が犯した罪は2度目の接続だ。これは意図的なものだった。魔が差した(moment of madness)としか言いようがない」と話し、辞任する意向を示した。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)