2022年の新デート・スタイルはコレ!

■恋愛専門家ネス・クーパー氏とカリスト・アダムス氏が、アダルト系グッズ専門店「Lovehoney」と協力し、今年のデート・トレンドを紹介。「メトロ」紙が伝えた。

両氏によると、オミクロン株の大流行によりパンデミックがまだ収束していないと分かったことで、「自分と同じようなワクチン接種状況の相手を求める人が急増するだろう」と分析。これは安全性だけでなく、ワクチンやブースター接種済みの証明がないと今年は活動がより制限されるという事実に基づいて考えた結果だという。すでにマッチングアプリ「Tinder」などでも、「ワクチン接種済み」「もうすぐワクチン接種予定」といったチェック項目が登場している。

また、マッチングサイト「Plenty of Fish」は「hesidating」という造語を考案。パンデミックが始まって以来、スローなデートがかなり流行っているが、人生が不確かになり、今後の生活や将来がどうなるか分からない中で、先を見据えて真剣にデートしたいのかカジュアルにデートしたいのか迷っている人々を表現する言葉だという。これが今年のトレンド・ワードとしてすでに流行しつつあると両氏は話している。

さらに昨夏の調査によれば、英国人の71%が「身体的接触よりも愛が大事」と回答。パンデミックで孤独を感じ、心の繋がりを求めている人々が、社会的ストレスに煩わされることなく安心して会話ができる相手として、AIを活用した人工チャット機能「チャットボット(chatbot)」を恋人代わりにするケースも増えているという。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)

職探し・求人 最新情報

イギリス情報掲示板 PANDORA
Feed not found!

PANDORAで職探し・求人情報をもっと見る