イングランド入国時の規制、変更! ただしワクチン接種完了者のみ対象

イングランドに入国する際の規制が大幅に変更になることが発表された。在英国日本国大使館より「日本からイングランドへ入国する際の水際措置について」として、日本語で通達が送られてきたので、そのまま転載させていただく。

●1月7日午前4時(英国時間)から、イングランド渡航の際、ワクチンを完全に接種済みで国・自治体の保健機関が発行する証明書を所持している方につきましては、出発前の検査受検及びイングランド到着後に「2日目(又はそれ以前)の結果が出るまで」課せられていた隔離措置が不要となります。

●1月9日午前4時(英国時間)から、ワクチンを完全に接種済みで国・自治体の保健機関が発行する証明書を所持している方につきましては、イングランド入国後2日目(又はそれ以前)の検査受検は、PCR検査の代わりにラテラル・フロー検査(LFT)を受けることができるようになります。

●新型コロナウイルスの流行に対する各国の方針・対応は日々変化しておりますので、引き続き最新の情報を入手するように努めてください。

1月7日午前4時(英国時間)より、イングランド渡航の際の規則が変更になります。

また、イングランド到着後は、ワクチンを完全に接種しているか否かにより、必要となる手続が異なります。

詳細は、以下のリンク及び1.以降をご確認ください。
https://www.gov.uk/guidance/travel-to-england-from-another-country-during-coronavirus-covid-19

英国においては、以下の条件を満たしている場合に、ワクチンを完全に接種しているとみなされます。

・英国がワクチン接種証明を受け入れている国・地域(日本を含む)で以下のリンクのワクチンを原則2度の接種を受け、14日以上経過している状態であること。
https://www.gov.uk/guidance/countries-with-approved-covid-19-vaccination-programmes-and-proof-of-vaccination

・「姓及び名」、「生年月日」、「ワクチンブランド(製品名)及びメーカー」、「接種日」、「接種国、証明書発行者の両方またはいずれか」が全て記載された国または自治体の保健機関が発行する証明書を所持していること。

※当館注:現在日本で発行されている「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書」は上記要件を満たしております。

1. イングランド入国前10日以内の滞在国・地域が「レッドリスト以外」で、かつ、英国が認める当該国・地域でのワクチンを完全に接種している場合(日本は「レッドリスト以外」に該当)

(1)入国前に実施すること

・入国後2日目(又はそれ以前)の検査予約

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)

職探し・求人 最新情報

イギリス情報掲示板 PANDORA
Feed not found!

PANDORAで職探し・求人情報をもっと見る