朝食付けます! オフィス復帰誘導への試み

■夏休みも終わり、社員のオフィス復帰を望む企業が多い中、様々な特典をつけて出社を促す企業が増えている。「メトロ」紙(電子版)が報じた。

9月7日(火)午前9時、ロンドンの地下鉄利用者数は先週と比べて19%、バスは43%上昇。これは数万人がパンデミック前の生活に戻り始めたことを示唆しているが、ウェストエンドの企業やシティの銀行などでは特典を提供することで社員のオフィス復帰を促しているところも多い。

不動産大手のナイトフランクはルーフトップでのBBQを提供。メディア大手VCCPでは今後2週間、バリスタを雇って美味しいコーヒーと朝食を毎日無料で提供する。ゴールドマンサックスも無料の朝食を提供しており、社員は屋上の庭園で無料ランチを楽しむことができる。

大手企業では在宅勤務だけでなく、多様で光り輝く大都市文化も堪能できる働き方との共生を模索している。「這ってでも出て来い!」と怒鳴られた日々が懐かしい!?

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)