金銭面での助言…親のうち、より頼りにされるのは母親?それとも父親?

たとえ決断力のある人でも、金銭絡みの問題について誰かに相談したいと思うこともあるだろう。ましてや、優柔不断だと自覚する人はなおさら、助言を欲して当然ともいえる。そういう時、誰に相談するか。興味深い調査結果を「メトロ」紙が伝えた。

金融サービスの「ハーグリーブズ・ランズダウン」社が成人2000人を対象に行った調査で、金銭面での助言を必要とするか、必要とする場合は誰に求めるかを質問。親にはアドバイスを求めないと答えた人がもっとも多かったのはロンドンで、逆に、家族に助言を仰ぐと答え人が最多だった地域は、北イングランドのヨークシャー、およびハンバーだったことが分かった。

親に助言を仰ぐ人のうち、父親を頼ると答えた人は14人に1人(7%)だったのに対し、母親に相談すると答えた人は12人に1人(8%)。母親に軍配があがった。

一方、誰にも助言を求めないと答えたのは男性が47%で、女性が42%。女性のほうが誰かに相談する傾向が強いことも明らかになった。調査元では、中立の立場で相談にのってくれる機関として「Citizens Advice」「the Money and Pensions Service」「Pension Wise」などを挙げている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)