7月19日以降、再び「アンバー」リストに格下げされる人気の海外リゾートとは?

©Olaf Tausch

■英政府は、現在、イングランドへの帰国後、10日間の隔離なしで渡航できる国・地域を「グリーン」リストに分類している(日本などは、10日間の隔離が義務付けられる「アンバー」リストに分類される)。7月19日以降、ワクチンを2度受けている成人については、「アンバー」リストからの帰国者も10日間の隔離が免除されることが発表された。

しかし、6月30日に「グリーン」リストに格上げされたばかりのバレアレス諸島のメノルカ島、マヨルカ島=写真、イビサ島などがその日を境に、「アンバー」リストに再び格下げされることが明らかになり、まだ2度のワクチン接種を終えていない若い親、若者などから強い不服の声が聞かれている。BBCほかが伝えた。

グラント・シャップス運輸相は、現地の感染者数が倍増したことを理由にあげ、変化する状況に対応することの大切さを強調、理解を求めた。なお、「アンバー」リストの国へ旅行する場合、10歳以下の子供については、イングランドから出発する際にはテストを受けることは義務付けられていないが、イングランド帰国後、2日たった時点でテストを受けなければならない。4歳以下はすべてのテストが免除されている。

イギリス最大の日本語情報サイト \Online Journey/

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)