SNSの闇…男子生徒からのヌード写真の要求、1日に最大11人も

※写真はイメージです。

■英教育水準監査院「Ofsted」の調査によると、「男子生徒からヌード画像を送るよう連絡を受けたことがある」と答えた女子生徒は9割を占めており、ひどい例になると1日に最大11人からそうした要求があったと話していることが発覚した。BBC(電子版)が報じた。

ヌード画像を要求してきた男子生徒のSNSアカウントをブロックしても、彼らは別のアカウントを複数つくって連絡してくるという。また10人に9人の女子生徒が、性差別的な悪口を言われたり、ヌード写真や動画を求められるだけでなく送りつけられたりした経験があることも分かった。ヌード写真を要求してくる際には、彼女たちに「嫌とは言わせない」という。

「Ofsted」は子どもたちの間でセクシュアル・ハラスメントが「常態化」していると警告。生徒たちはこれらを「性犯罪」として保護者に報告する重要性を理解していないケースが多く、教師も問題を過小評価していると話している。

2018~20年にイングランドとウェールズで報告されている18歳未満の性犯罪は、年間1万3000件以上。そのうち約2000件が被害者と加害者の年齢が10歳以下で、約1000件は学校の敷地内で事件が起きていることが明らかになった。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)