72名が犠牲になったフレンフェル・タワー火災から丸4年、今どうなってる?

©Japan Journals Ltd

ロンドン西部ノッティングヒル・ゲートにあった23階立てのグレンフェル・タワーで2017年6月14日、午前1時前に火災が発生してから丸4年がたった。72名もの犠牲者を出す大惨事となったが、いまだに責任の所在は確定されていない。各メディアが伝えた。

ここまで多くの命がなぜ奪われたのか、原因と責任を問う調査が進んでいるが、結論が導き出されるまでにはまだまだ長い時間と多くの労力を要するようだ。また、英国各地にある同様の高層フラットの安全性を向上させるための修理問題についても解決への道のりは遠い。工事には多くの費用がかかり、それを誰が負担するのか。売ろうにも誰も買ってくれない、そうした高層フラット内の物件に住む住人たちは、不安を抱えたまま、そこで暮らし続けることを強いられている。

白い幕で覆われたまま、立ち続けるグレンフェル・タワー=写真。最上部分に描かれた、グリーンのハート模様がむなしく見える。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)