ファイザーワクチン、誤って6回分接種! 副反応なし

イタリアで23歳の女性が看護師の手違いにより6回分のファイザー製ワクチンを一度に接種されたが、何の副反応も示さず無事に退院したことが分かった。英各メディアが報じた。

学生だという女性は9日(日)、ワクチンを接種してもらうためにトスカーナ州のノア病院を訪問。その際、看護師が誤って6回分のワクチンが入った瓶のワクチン全量を女性に接種した。看護師はすぐに誤りに気付き、女性と最寄りの医師に告げたという。

診察した医師によると女性は発熱もなく、注射針を刺した箇所の痛み以外、何らの副反応を発症しなかったが、女性が不安がっていたため念のため入院させて経緯を見守ったと説明されている。翌日になっても何らの副反応を発症しなかったため退院させた。今後は女性から定期的に採血し、2回目の接種が必要かどうかを判断するという。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)