女性がテムズ河に転落…助けようとした男性が死亡

■ロンドンブリッジから転落した女性を助けようとテムズ河に飛び込んだ20歳の男性が行方不明となり、6時間後に遺体となって発見される痛ましい出来事があった。英各メディアが報じた。

亡くなったのはナイジェリア生まれで英国籍のフォラジミ・オルブンミ―アデウォレさん(20)、通称ジミーさん(写真=ツイッターより)。24日(土)深夜、ロンドンブリッジから女性がテムズ河に転落。すぐにジミーさんと別の男性が救助のために河に飛び込んだという。

沿岸警備隊と警察が直ちに現場に急行。女性ともう一人の男性を無事救助したが、ジミーさんの捜索は難航した。ヘリコプターや他の救助チームも捜索に加わったが、残念ながら6時間後、ジミーさんは遺体で発見された。

ジミーさんの父親(63)はメディアの取材に「ジミーはとても優しい若者で、我が家の中心的存在だった。天使のような魂を持った子だった」と語った。

同じ週の20日(火)、テムズ河ではもう1件の転落事故があった。現場はタワーブリッジで、通学途中だった13歳の少年がテムズ河に転落。懸命の捜索にもかかわらず27日現在も発見に至っていない。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)