再開のパブ・ガーデン…簡易ガスヒーター爆発で3人負傷

■ロックダウン緩和ロードマップ、ステップ2移行により、ようやく再開したパブの中庭で客が持ち込んだ簡易ガスヒーターが爆発。3人が大やけどを負う事故があった。「メトロ」紙が報じた。

事故があったのは24日(土)夜10時頃。イングランド東部サフォーク県、グレート・コーナード市内にあるパブ「キングスヘッド」の中庭で突然、ポータブル式のガスヒーターが爆発。ヒーターの近くにいた20代前半の男性1人と女性2人が炎に包まれて負傷し、近くの病院に救急搬送された。負傷者はいずれも命に別状はないが重度の火傷を負ったという。

ヒーターはパブのオーナーの許可なく、負傷した客がガーデンに持ち込んだものだと報道されている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)