海外旅行の予約殺到! ロックダウン緩和の報受け

■ボリス・ジョンソン首相が、6月21日を目安にロックダウン解除へ向けた段階的な緩和スケジュールを発表した直後から、夏のホリデーを海外で過ごそうと、旅行会社や航空会社への予約が殺到しているという。BBC(電子版)ほかが伝えた。

海外旅行の解禁に関してはまだはっきりしていないにもかかわらず、英国最大の旅行会社「TUI」では一夜にして予約が500%も急増。格安航空「イージージェット」では搭乗予約が337%増、旅行予約が630%増になった。旅行会社「Hoseasons」や貸しコテージ・サイト「Cottages.com」でも、過去最高となる1万件以上の予約が入っている。

人気の旅行先は、「TUI」ではギリシャ、スペイン、トルコ、「トーマス・クック」ではギリシャ、キプロス、メキシコ、ドミニカ共和国、「イージージェット」ではアリカンテ、マラガ、ファロ、クレタ島が多いという。また、国内旅行の予約も急増している。

ジョンソン首相は、感染者数の推移を見ながら4月12日までに海外旅行の制限・解禁について検討、しかし決定するのは5月17日以降と述べており、現段階での予約は「時期尚早」と警告している。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)