10日間のホテル隔離終了…真っ先に向かったのは〇〇〇!

病気の親戚を見舞うためにブラジルに一時帰国していたワグナー・アラウホさん(43)と妻のエレインさん(40)。英国に戻ったのは運悪く感染リスクの高い33の国からの入国者を10日間、ホテルで強制隔離する制度が始まった2月15日だった。ブラジルもハイリスク国に指定されていた。

ヒースロー空港近くにあるホテルに収容された後は部屋から一歩も出ることを許されず、その間はプレイステーションをしたり映画を観たりして過ごしたという。費用は本人負担で1人1750ポンド(約24万5千円)。同じ部屋をシェアする人がいる場合は追加650ポンド(約9万円)。その間、提供される食事は航空会社が手配したものというから大体の想像はつく。

とんでもなく高くつく地獄の10日間だ。24日、ついに隔離が終了し10日ぶりに解放された2人。子どもたちが待つ北部ロンドン、フィンチリーの自宅に向かう前に真っ先に向かったのはホテルそばにあったマクドナルドだった。チキンバーガーとフライドポテトを堪能したという。シャバに出たらまずはかつ丼とビール、じゃないのね。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)