雪だるま破壊したゴミ収集員、クビに…やり過ぎだ!の世論で撤回

ゴミ収集作業員が雪だるまをカンフーキックで破壊したとして解雇される出来事があった。英各メディアが報じた。

ごみ収集作業員のカルム・ウッドハウスさん(19)は1月下旬、雪だるまに蹴りを入れて損壊させ、そのまま立ち去ったがその様子は監視カメラに収められていた。雪だるまを作ったのは近所に住むジョゼフ君(3)で、手伝った母親のソフィー・テイラーさん(25)が管轄のヘレフォードシャー評議会に報告。映像を見た職員は驚き、ウッドハウスさんに解雇を通告した。

ウッドハウスさんは「雪だるまの首を飛ばした罪で人間のクビが飛ぶってある? 元々あの雪だるまは作業の邪魔になっていたんだ。僕らの仕事は地域社会に貢献する重要なものだ。それに雪だるまを作った家族には謝罪のメッセージを送った。ブロックされたけどね。僕はもうすぐ父親になる。コロナで大変な時に雪だるまを殺した罪でクビになる。養わなきゃいけない家族があるのに」と主張した。

するとたちまちウッドハウスさんを仕事に戻すよう要求する電子署名が2000件を超えた。世論の勢いにおされ、判断は誤りだったとして評議会はウッドハウスさんの解雇を撤回した。なんとなく、世の中が不寛容になっているような気がする。コロナめ!

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)

職探し・求人 最新情報

イギリス情報掲示板 PANDORA
Feed not found!

PANDORAで職探し・求人情報をもっと見る