ワクチン詐欺師にご用心! 偽ワクチンで92歳女性から160ポンド搾取

■NHSの医療従事者を名乗る男が、年金を受給する92歳の女性宅を訪問し、偽の新型コロナウイルスのワクチンを投与。費用として160ポンドを請求するという「ワクチン詐欺事件」が発生した。英各メディアが伝えた。

事件が起きたのは、昨年12月30日。ロンドン南西部のサービトンで暮らす女性宅に、NHSから派遣された医療従事者を名乗る男が訪問。「ダーツのような器具」で腕を刺した後、ワクチン接種の費用は無料だが、一時金として160ポンドが必要なこと、その160ポンドは後日NHSから返金されることを説明したという。ロンドン市警は、どのような物質が投与されたかは不明であるとし、地元の病院で検査した結果、女性の身体に悪影響は見られなかったと話している。

警察は、側面に太い白ラインが入った紺色の上下を着ている男の画像を公表。これは1月4日に「2回目のワクチン接種」として男が女性宅を再訪したときのもので、さらに100ポンドを請求したという。犯人は30代前半の白人男性で、身長は約180センチ、明るい茶色の髪、ロンドンのアクセントで話すとされる。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)