ショップは24時間営業可能に クリスマス前後

■再ロックダウンが明けて、クリスマスまであと3週間。クリスマス前のショッピングやボクシング・デー以降の大セールで各店が「蜜」にならないように、24時間営業が可能となることが分かった。BBC(電子版)が伝えた。

ロックダウンの影響でハイストリートは大打撃を受けており、本来ならクリスマス前後の期間は各小売店にとって「書き入れ時」。しかし公共交通機関や店内が混雑してウイルスが蔓延し、再々ロックダウンになってしまうことは避けたい…というジレンマを、24時間営業を許可することによって解消しようという目論見だ。

歓迎の声が上がる一方、英国ホスピタリティ協会の最高経営責任者、ケイト・ニコルズ氏は「警戒レベルが非常に高い現在に、ほとんど制限なしに経済活動を広く再開させるのは危険」と懸念を示している。

「プライマーク」では、11店舗が新ルールをいち早く導入予定。ロックダウン解除後の2日の午前7時から、24時間営業となる。また、「テスコ」でも300店舗以上が14~24日まで24時間営業、「セインズベリーズ」は24時間営業はしないものの、深夜までの営業を検討している。24時間営業が実施されるのは日曜を除く、月~土曜日。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)