ノンアルコールギネス…発売早々大規模リコール!

■先月末、鳴り物入りで発売されたノンアルコールのギネス「0.0.」が早くも大規模なリコールの憂き目にあっている。英各メディアが報じた。

ギネスはリコールの理由を「微生物学的な汚染」のため「飲用に不適格」とし、既に購入した消費者には飲まずに購入先に連絡するよう告知している。また、問題はギネス「0.0.」単独のものであり、他の商品に影響はないという。

ギネス「0.0.」は4年の研究を経て、低温で濾過処理することでギネスの風味を損なわずにアルコールを取り除く技術を開発したと謳っていた。まずは440ミリリットル入りの缶製品を発売。アイルランドと英国では来年の春からパブ等でドラフトを発売し、その後年末までには世界各国での展開を開始すると発表していた。残念!

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)