パテル内務大臣のいじめ問題…告発した首相顧問が辞任!

プリティ・パテル内務大臣=写真右=による省内のいじめ問題を非難したジョンソン首相の道徳顧問、アレックス・アラン卿はボリス・ジョンソン首相=同左=がパテル氏を支持すると発言したことを受け、辞任すると発表した。英各メディアが報じた。

政府はパテル内務大臣の勤務態度に関する調査を実施。道徳顧問であるアラン卿は「大臣は高官に求められる高い水準に準拠していない。政府が定める規範に反する行動が見られた。部下に対して配慮と敬意を欠く、いじめと認定できる行為が継続的にあった」としてパテル大臣を非難していた。

パテル大臣は「過去に人々を動揺させるような行為があったことを謝罪する」と声明を発表。首相は「内務省内の人間関係、慣習、文化は大幅に改善された」と声明を出し、問題の幕引きを図っている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)