英アストラゼネカ開発のワクチン、有効性99%を示す初期結果!

英製薬大手アストラゼネカは17日、オックスフォード大学と共同開発中のCovid-19ワクチン「AZD1222」が、60歳以上の層でも強固な免疫反応を示す初期結果が得られたと発表された。英各メディアが報じた。

科学者たちは17日朝、99%の人に強固な免疫反応が出ているとし、7月に公表された若年層に示された良好なデータは高齢層にも有効であると発表した。

研究によると全ての年齢層において1回目のワクチン接種から28日以内に抗体が生成されるといい、その効果は2回目の接種でさらに増強されたという。ワクチンは倦怠感や筋肉痛、頭痛などの副反応を引き起こすがいずれも軽度であり、高齢者よりも若年層に多く見られたと報告されている。

英政府はアストラゼネカ社に1億回分のワクチンを発注済みで費用は1回の接種で2ポンド。15~28ポンドと予想されているファイザー社やモデルナ社のものより大幅に安くなる。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)