職場では正直過ぎると働きづらい…オフィス勤務者の約半数がウソつき!?

「ウソも方便」という言葉があることからも分かるように、正直であることがかえって人間関係を悪化させるケースもある。ウソをつくことを推奨するわけではないが、職場で上司や同僚と「うまく」つきあっていくためにウソをつく人が少なくないことが分かった。「メトロ」紙が伝えた。

オンライン求人サイト「Glassdoor」が1,000人を対象に行った調査で、多くのオフィス勤務者が問題を起こさないため、トラブルに巻き込まれないようするため、あるいは自分のミスをかくすためなど様々な理由でうそをついていることが判明。

75%の勤務者が、本当に思っていることを口にすることはトラブルのもとになると考えている実情が明らかになった。コロナ禍で良好な人間関係を維持することが難しくなっているとされる昨今、うそをつくことが必要と思う場面が増えているのでは、という懸念も寄せられている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)