動画での「手引き」大活躍! 恋人探しから救急まで

新型コロナウイルスの感染再拡大でロンドンをはじめ複数の地域が半ロックダウンの状況に陥っている。これから冬にかけて状況は悪化することも考えられ、ますます家にこもる時間が増えそうだ。

3月のロックダウン以降、YouTubeなどの動画サイトにお世話になる機会も時間も大幅に増加したことと思うが、様々な「ハウツー」ものの動画が投稿されており、こうした「手引き」が確かに役立っていると答えている人が少なくないことが明らかになった。「メトロ」紙が伝えた。

コンタクトレンズを中心に取り扱う「Vision Direct」が行った調査で、10人に1人が「デートの仕方」について指南する動画を参考にした結果、恋人づくりや今いる恋人とのデートを充実化させることに成功したと回答。また、救急に関する動画が実際に役立ったと答えた人も5%いたという。

さらには、動画による「手引き」が子作りに役立ったと答えた人も10%いたことが判明。投稿されたテレビ番組や映画などの娯楽ものを楽しむだけでなく、実用的な目的で動画を視聴している人が数多くいることが改めて指摘された。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)