門限破りで初の罰金!4分オーバーで1000ポンド

■9月24日から始まった新しい門限制度。午後10時でレストランを追い出されるのはなかなか辛いものだが、ロンドンではわずか4分オーバーで商品を客に手渡したバーガー店に1000ポンドの罰金が科される最初の事例が出た。「デイリー・メール」紙(電子版)が伝えた。

罰金が科されたのは東ロンドン、イルフォードにある「ビムズ・バーガーズ(Bim's Burgers)」。今月1日の午後10時数分前、同店に1人の男性が来店。既に店じまいの準備をしていたが、おなかを空かせた男性を不憫に思った店員がオーダーを受け、精算を済ませたのが午後10時ちょうど。それから調理してバーガーが客に渡されたのは門限を4分過ぎた午後10時4分だった。その様子を見ていた警察官に指摘を受け、その場で罰金1000ポンドのチケットが手渡されたという。

同店のオーナーは「スタッフは10時までにオーダーが完了していれば問題ないと解釈したようだ。門限10時は人によって解釈が異なる。もっと明確にすべきと思う。最初は口頭注意でもいいのでは」と話している。

この日、同店の他にも2店が同様の罰金を科されたという。お店に迷惑を掛けては気の毒なので、10時前には店を出るよう心掛けた方が良さそうだ。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)