フランスも対象国に!8月15日午前4時より帰国者は2週間の自己隔離!

コロナウイルスの感染について制御できていると英政府が判断する特定の国・地域からの帰国者には2週間の自己隔離が免除されているが、その免除のリストから欧州の国が次々とはずされている。スペイン、ルクセンブルク、そして8月8日(土)からのベルギーに加え、8月15日(土)午前4時からフランスが免除対象からはずされることが発表された。各メディアが伝えた。

8月15日(土)より、フランスとともに自己隔離の免除対象国からはずされることが報じられたのは、モナコ、マルタ、西インド諸島のタークス・カイコス諸島とアルバ島。今後も、英政府では各国の情勢にあわせて迅速な対応をとるとしているが、コロナウイルスの影響で既に大きな打撃を受けているフランスの観光産業関係者は、英政府の今回の判断に強い落胆の意を示している。

なお、2週間の自己隔離が義務付けられている場合、悪質な違反者にはイングランドとウェールズではそれぞれ最高1000ポンド、スコットランドでは最高5000ポンドの罰金が科される。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)