ホットパンツが短すぎる!? 買い物客が注意され激オコ!

英大手スーパーマーケット、セインズベリーで買い物中だった女性が「店員にホットパンツが短すぎるのでTシャツを外に出して隠すように言われた」とツイッターに怒りの投稿。「性差別だ」と怒りをぶちまけている。デイリーメール(電子版)が報じた。

会社員のローレン・オコナーさん(33)はロンドン西部郊外、ステインズにあるセインズベリーでショッピング中、店員に呼び止められ「高齢男性客からあなたのホットパンツが短すぎるとクレームがあった」と言われ、Tシャツをホットパンツの外に出すよう指導されたという。

ローレンさんは「気温が32℃を超えている中、女性だけにドレスコードを求めるのは性差別ではないか」と食い下がったが店員の主張は変わらなかったとされている。ローレンさんはその時の格好を映した写真と共にことの顛末をツイッターに投稿。「店内にマスク着用以外のドレスコードはないし私はちゃんとマスクは着けていた。なぜ女性だけにドレスコードが求められるの? 上半身裸で店内を闊歩している男性を時々見かけるけど、注意されているのを見たことないし」と怒り心頭。

セインズベリー広報は「店舗に確認しなければならないが、ローレンさんにお詫びしたい」とコメントしている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)