カード社会の弊害…高齢者に親切だったがゆえにパン屋女性店長が解雇に

©︎ Birds Bakery

■新型コロナが蔓延してから、「現金支払いお断り」の店が急増。銀行のカードを持っていない高齢者から現金を受け取り、代わりに自分のデビットカードを使用して支払っていたパン屋の店長が、「重大な不正行為」を犯したとして解雇された。「インディペンデント」紙(電子版)が報じた。

その「親切」な女性店長は、ノッティンガムシャーのラドクリフ・オン・トレントにある「Birds Bakery」に44年間勤務し、そのうち25年も店長を務めていた、ミーガン・メトカーフさん(60)。「Birds Bakery」はミッドランド地方で展開するチェーン店で、コロナの影響により会社の規定で「カード支払いのみ」となってしまった。メトカーフさんは、銀行カードを持っていない高齢者がパンを購入できないことに納得できなかったという。彼女が現金と引き換えに、自身のカードから引き落とした金額は約180ポンドにのぼっていた。

メトカーフさんは「正しいことをしたとは思っていないが、パンを楽しみにして毎日来る客を失望させたくなかった」とコメント。この騒動を聞いた同社の関係者6000人以上が彼女の復職を求める請願書に署名し、会社に提出したが、同社は「スタッフが紙幣や硬貨に触れないように、カード支払いを導入しました。彼女の行いは他のスタッフの健康と安全を害する危険性があるとして、真剣に受け止めた結果」と話している。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)