8月いっぱいのお楽しみ! コスタコーヒーが1杯32ペンスに

■「Eat Out to Help Out」(食べに出かけて助けよう)スキームの一環としてカフェチェーンを展開するコスタが8月、コーヒー1杯32ペンスのキャンペーンを実施する。「メトロ」紙(電子版)が伝えた。

「Eat Out to Help Out」は、キャンペーンに参加するレストランやカフェでの食事代の半分を政府が肩代わりするというもの。上限は10ポンドでアルコール類は除外される。

通常1ポンドのフィルターコーヒーが32ペンスと半額以下になるカラクリは、上記キャンペーンに加えて20%から5%に減じられたVATの差額還元、さらにカップを持参することで成立する。キャンペーンは8月いっぱいの月、火、水曜日のみ。その他、通常2.70ポンドのフラットホワイトもこの期間は1.06ポンドで提供される。2.95ポンドのヴィーガン・ハム&チーズはスキームとVAT減税のおかげで1.29ポンドとかなりお得。「Eat Out to Help Out」の恩恵が受けられるのはスキーム加盟店でのみ。

政府拠出のキャンペーンで美味しいコーヒーをお安くいただいて、コロナ対策が後手後手にまわる政府の悪口に花を咲かせる。いいね! だって、どうせあとで増税して取り返すんでしょ!

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)