レストランが開く‼ パブ、美容室など7月4日から再開ゾクゾク

©︎ Japan Journals Ltd

■ 英国では21日、1日の死者が15人と3月15日以来、最小となった。これを受けてボリス・ジョンソン英首相は23日、さらに踏み込んだ規制緩和を議会で発表した。7月4日から、パブやレストランなどのホスピタリティ業界に再開へのGOサインが出るなど、イングランドのロックダウン緩和は一気に加速する。英各メディアが報じた。

イングランドでは、3月中旬から休業を余儀なくされていた映画館や博物館、ギャラリー、そしてレストランやパブ、美容室といったホスピタリティ関連の業種の多くが、7月4日から再開可能となる。

ジョンソン首相はまた、これまで2メートルだったソーシャル・ディスタンシングを、2メートルの距離維持が困難である場合に限り、1メートル・プラス(1メートル以上)に短縮可能とし、状況を観察するとした。

ただし、パブやバーを訪れる客に対しては、連絡先の登録を要請。感染者に接触した際には、追跡を可能とするシステムの導入も検討されている。

また、イングランドでは、2世帯の家族が人数制限なくひとつ屋根の下で会って食事会を開き、さらに宿泊することも可能となる。しかし、ジョンソン首相は「新たな感染拡大が見られれば、いつでも規制を再強化する」と釘を刺した。

時期尚早の声も

ソーシャル・ディスタンシングを2メートルから1メートル・プラスに短縮することで、感染リスクが上昇すると懸念する専門家も多い。エディンバラ大学のリンダ・ボールド教授(公衆衛生学)は「英国はヨーロッパ各国よりも感染者が多く、学界はロックダウン緩和の速さを非常に懸念している」と話した。

イギリス最大の日本語情報サイト \Online Journey/

7月4日より再開して良いビジネス

ホテル、B&B、ホリデーホーム、キャンプ場、キャラバンパーク、下宿、礼拝所、出席者30人までの結婚式、図書館、社員食堂、レストラン、カフェ、バー、パブ、映画館、博物館、アートギャラリー、ビンゴホール、理容・美容室、屋外プレイグラウンド、移動遊園地、テーマパーク、ゲームセンター、モデルビレッジなど。

もう少し我慢のビジネス

ナイトクラブ、ボウリング場、屋内プレイエリア、スケートリンク、スパ、ネイルバー、マッサージ、タトゥー、ピアスパーラー、屋内フィットネス&ジム、ダンススタジオ、スイミングプール、ウォーターパーク、会議センター、イベント会場。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)