華麗な結婚式から2年…LAに移住したハリー王子の新しいニックネームとは?

2018年5月19日。晴天のもと、ハリー王子とメガンさんの結婚式がウィンザー城のセント・ジョージ礼拝堂で行われ、数多くの人が沿道に並んで馬車から笑顔を振りまく2人を祝福した。あの日、ハリー王子とメガン妃がこのような形で王室を『離脱』することになるとは誰が考えただろうか。

この2年間に関して、真実を伝えたいという強い意向のもと、この8月にハリー王子とメガン妃へのインタビューをもとにした『告白本』的自叙伝、「Finding Freedom: Harry, Meghan and the Making of a Modern Royal Family」が8月に出版されることになり、コロナ以外の格好のネタとしてメディアが取り上げているのはご承知の通りだろう。

「Finding freedom? 故ネルソン・マンデラ氏が言うならわかるけど」とか「全編とおしてメロドラマ」など、発行前からすでに批判が聞かれているものの、ベストセラーになるのは必至。その収入の行き先にも注目が集まる一方、メガンさんの地元、ロサンゼルスに居を移したハリー王子に関してもさまざまなゴシップ記事が書かれている。

そのうちのひとつを読んで見ると、同王子に新たなニックネームがつけられたという。日本では「ヘンリー王子」と表記されるが、英国をはじめ、欧米諸国では「ハリー」が一般的。ハリウッド進出を目論むといわれるメガン妃の夫にふさわしく、「ハリウッド・ハリー」と蔭口をたたかれていると伝えられている。

プライバシーを確保したいけど、注目されないと収入が得られない…結婚3年目の夫妻の行動はこれからも矛盾をはらんだものとなりそうだ。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)