英国の学生7人に1人がズルをしている!?

レポートの締切が近づくとネコの手も借りたい気分になるものだが、プロの手を借りている英国の学生は少なくないようだ。英国の学生の7人に1人が、他人にお金を払って論文を書いてもらったことがある答えたことが分かった。「デイリー・テレグラフ」紙が伝えた。

調査結果によると、7人に1人が、誰かに対価を払って、学位取得に必要な論文を執筆してもらっていたことが報告されている。1978年まで遡ってアンケート調査を行ったところ、2014年から2018年の4年間に、不正を行ったと認める卒業生の数が16パーセント増加したことも判明。
学生らは『エッセイ・ミル』と呼ばれる論文執筆代行業者を利用しているという(英国では、論文やレポートのことを「エッセイ」とも呼ぶ)。論文はオーダーメイドで作成され、本人が執筆したかのように見えるため、指摘が難しいと言われている。エッセイ・ミルが禁止されている国もあるが、英国ではまだ対応が甘いのが現状。調査元では強い懸念を示している。
コロナウイルスの自己隔離で時間はあるはず。学生の皆さん、自力で頑張りましょう!

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)