コロナに負けるな! パンから牛乳まで…賞味期限を延ばすコツ

■ パブやレストランが閉鎖し、自炊する人が増えている昨今。貴重な食材をどのように長期保存させるか、頭を悩ませている人は多い。そんな中、「デイリー・メール」紙(電子版)が、食材別に、より日持ちさせるコツを紹介したた。

●フレッシュハーブ…刻んだハーブをオリーブオイルや水と一緒に製氷機に入れて冷凍保存。同様のやり方でソースやペーストなども冷凍保存可。

●肉…ラップやアルミホイルで密封することで長持ちさせる。

●牛乳…容器にひとつまみの塩を加えることで、細菌繁殖を防ぎ、最大7日間長持ちする。

●レモン…4等分にし、塩と水に漬けて保存。

●チーズ…表面にバターを塗ることで空気に触れるのを防ぎ、カビの発生を遅らせることができる。

●パン…セロリ一本と一緒に保管。パンがセロリの茎から水分を吸収し、カビの発生を防ぐ。

●バナナ…房の部分をラップやアルミホイルで巻くと熟成スピードが落ちる。

●ブロッコリー&カリフラワー…水に濡らしたティータオルで覆い保存。

●バター…4ヵ月冷凍保存可。