Japan Journals Leaderboard
Japan Journals Leaderboard

女子トイレの行列解消…秘策は立ちション用便器!?

■コンサート会場など、大勢が集まる大規模なイベントの際に必ず見られるのが女性トイレの前にできる長蛇の列。現状を嘆く女性らが「立ちション用」女性小便器をデザインしている。BBCが伝えた。

フランスに住むナタリア・デゥ・イスナーズさんは数年前、好きなバンドの生演奏を聞くために夏フェスに参加。ショーが始まる前にトイレに向かったものの、そこには長蛇の列ができており、30分も待った結果、バントの演奏の最初の部分を聞き逃してしまったという。この現状をどうにかしなければ! と、デザイナーでもなかった彼女だが便器の改良に着手。立ちションを可能にする、便座をなくした小便器「マダムピー(madamePee)」を開発した。

マダムピーは立ちション用といっても、実際には中腰で用を足せるもの。パーテーションで区切られた屋根&扉付きのデザインなのでプライバシーもばっちり守られているという。昨年フランスでは、女子ワールドカップを含むイベントで利用された。

女性用の立ちション便器はこの例だけではない。コペンハーゲンを拠点とする建築家がデザインしたトイレ「ラピー(Lapee)」は扉がない半個室の作りで、かつ胸から下の部分だけが隠れた何とも大胆なもの。開発チームでは、女性がトイレを使い終わるまでにかかる時間は通常1~2分だが、これならわずか30秒と誇らしげだ。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)