Japan Journals Leaderboard
Japan Journals Leaderboard

消費者の味方?敵?―「Buy now, pay later」急増中

■ オンライン・ショッピングの支払いの段階で、「pay later」という選択肢ができているのに気付いたことがある人もいるかもしれない。この「Buy now, pay later」と呼ばれるサービスが急成長しているという。BBCが伝えた。

「Buy now, pay later」は、支払いの先送りや、分割均等払いを利子なしで利用できるサービスで、主にスウェーデンの「Klarna」、ニュージーランドの「Laybuy」、オーストラリアの「ClearPay」といった企業が提供しているもの。「ASOS」「H&M」「M&S」など多くのオンライン・ショップで採用されている。サービス提供企業は、100ポンド購入につきおよそ4ポンドの手数料を小売店から得ているとされる。

一方、債務カウンセリングなどを行うチャリティ団体「Christians Against Poverty」では、市民の借金が膨らむことを懸念。同団体のダン・レーン氏は、「もし今日その商品が買えないとして、なぜ30日、60日、90日後に買えるのか、一度考えてみてほしい」と疑問を投げかけた。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)