ギャンブル依存症にメス!クレジットカードでの賭博禁止へ!

■一攫千金を夢見てギャンブルに身を投じ、破綻の道を辿る人が絶えない英国。社会問題となっているギャンブル依存症への新たな対策として、賭博委員会は「4月14日からクレジットカードでの賭博の禁止」を決定した。BBC(電子版)が報じた。

バーガーキング、トテナム・コートロード店で早速、謎の新商品「Rebel Burger(レベル・バーガー)」をゲット。ポテトとドリンク付きのミールで7ポンド49ペンスって高くない? 広告ではこんな感じ(写真左)。実際はこんな感じ(同右)。まあ見合い写真もインスタも、みんな多少は盛っているみたいだから細かいことはいいか。

イギリス最大の日本語情報サイト \Online Journey/

スポーツの勝敗から英王室のスキャンダルまで、さまざまな事柄を賭けて日常的に楽しむ英国では、ギャンブラー人口は2400万人に上る。そのうち、オンラインでのギャンブルを嗜む人は1050万人。調査によると、オンライン賭博をクレジットカードで決済している人の22%が、ギャンブルに依存する「問題ギャンブラー」だという。
賭博委員会の委員長ネイル・マッカーサーは「クレジットカードを使用した賭博は、深刻な財政破綻へと陥りやすい。今回の決定は、手元にお金がないのに賭博に手を出してしまう問題賭博者の破綻リスクを最小限に抑制するものだ」と語る。
新たな法律では、すべてのオンライン・ギャンブル業者は3月31日より全顧客に対して「ギャンストップ」(オンラインでのギャンブルを制限するための機能。利用は無料)へ参加するよう呼びかけが義務化され、ギャンブル依存の抑制に効果が期待される。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)