ストーンヘンジにも使われた「聖なる石」を盗もうとした歴男、捕まる!

■ 世界遺産にも登録される巨大な石の遺跡「ストーンヘンジ」。パワースポットとして知られるこの環状列石を作るために運ばれたといわれる、ウェールズの「ブルーストーン」を盗んだ男2人が捕まった。「デイリー・メール」紙(電子版)が伝えた。

歴史好きの男2人は、庭に自分たちだけのストーンヘンジを作るため、ウェールズのペンブルックシャーにある丘陵地帯プレセリ・マウンテンズで「聖なる石」を掘削し、車に乗せて持ち帰ることに成功。ところがこのブルーストーンは、科学的に重要な地域にあり、法的に保護されているもの。 窃盗の様子を通りがかりの人物がスマートフォンで撮影しており、警察に通報し御用となった。

ジャーニー制作のストーンヘンジの動画はこちら。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)