イングランドで地震…マグニチュード3.2で住民ビックリ!

■ 12月5日夜、イングランド南西部サマセットを中心にマグニチュード3・2の地震があった。窓が鳴り、棚から小物が落下するなどして住民たちを驚かせた。英各メディアが報じた。

英国地質調査(British Geological Survey: BGS)の発表によると5日の午後10時49分頃、イングランド南西部サマセットを中心に地震があった。震源地はブリッジウォーター付近で震源の深さは5キロ。ヨーヴィル、トーントン、チェダーなどの一帯で揺れが感じられた。
地震発生時刻が夜遅く、多くの人が家でくつろいでいたため地震を体感した人が多く、「家がガタガタと音を立てて揺れた」「突然、窓がすごい音を立てて、大きな鳥でもぶつかったのかと思った」「ベッドの中にいたので全身で揺れを感じた」など、翌日はSNS上に多くの書き込みが投稿され、恐怖が語られた。同地域は2014年にもマグニチュード3・7の地震があった。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)