マネしないで!投稿しないで!! YouTubeも危険な「チャレンジ」もの、締め出しへ

動画サイトYouTubeには、「ヒット」となることを願って、さまざまな動画が投稿される。面白いものもあるが、なかには命にかかわる危険をおかすものも少なくない。インターネット上で話題になることを意識するあまり、過激さを増す昨今の動画についてYouTubeも懸念を改めて表明。危険なもの、精神衛生上、特に子供に悪影響を与えるものへの取締りを強化することを宣言した。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。
ハリウッドの人気女優、サンドラ・ブロックさん主演でヒットした、「Netflix」オリジナルのスリラー映画『Bird Boxバード・ボックス』。そのファンのあいだで、主人公たちをまねして、目隠しをして日常生活に挑む様子を『Bird Box Challenge』と第して撮影し、動画をツイッターに投稿することが流行したのをうけ、Netflixが、目隠しをしていろいろなことに挑戦するのをやめるよう、異例の呼びかけを行ったのは以前、お伝えしたとおり。
YouTubeでも同様の「チャレンジ」の模様が続々と投稿されているという。目隠しをした状態で車を運転するなど、エスカレートぶりが目に余るようになったことから、YouTubeも対応を余儀なくされた形だ。
「面白いチャレンジやいたずら」の投稿は引き続き歓迎するとしながらも、一線を越えたものは「面白い」とは呼べないとし、危険なもの、あるいは、特に子供たちに精神的な苦痛や落ち込みを味わわせるものは禁止すると話している。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)