英国人の生涯…リアルなお仕事事情、大発表!

■ 人生の中で、人が多くの時間を割く「仕事」。このたび、平均的な英国人の生涯における仕事事情が明らかになった。「メトロ」紙が報じた。

結果内容は以下の通り。
●生涯労働日数…1万0521日
●生涯で社内恋愛する回数…6回
●生涯仕事場で飲む紅茶およびコーヒー…7,967杯
●年に仕事を辞めたいと思う回数…16回
●生涯残業日数…611日(※毎月の残業時間は9時間と想定して計算)
●生涯病欠日数…94日
●週の労働時間…34時間26分
●年の労働時間…1,791時間
●生涯労働時間…8万4,171時間
●生涯通勤時間…1万4,053時間
●生涯通勤距離…9万4,192マイル
●生涯で会社に請求する経費…13万4,248.92ポンド

その他、平均的な英国人は過去6年間に転職していない一方で、まったく新しい仕事に就こうと思いを巡らす回数は年に10回に及ぶことなどがわかった。また、5人に1人が資格を取り直したり、訓練を受け直したりしたいと望む一方で、47歳を過ぎてからの変更は遅すぎるとも考えているという。
この調査を行った、会計と財務の養成機関を運営するAAT社の広報は「仕事が我々の人生にもたらす影響は大きなもの。大切なのは、『自分にとって正しい仕事』に就くこと。そして何かを変えるのに遅すぎるということはない。当社では70歳でも資格取得に向けて勉強している方がいる」とコメントしている。

By 週刊ジャーニー (Japan Journals Ltd London)