キャサリン妃がオバさんに!いえいえ、容姿のお話ではなく…

ケンブリッジ公夫人であるキャサリン妃(36)の周囲はおめでたい話続き。先週のユージェニー王女(28)の結婚式、サセックス公夫人メガン妃(37)の妊娠のニュースに続き、妹のピッパ・マシューズさん(35)が第一子となる男の子を無事に出産したことが分かった。「メトロ」紙が伝えた。
ピッパさんは、投資顧問会社経営の富豪ジェームズさん(43)と2017年に結婚。ユージェニー王女の結婚式には、臨月の大きなおなかを抱えて出席した。
その結婚式からわずか3日。月曜日に出産したのが、体重約3,900グラムという男児だったことが17日に明らかになった。お産の場所には、ロンドン西部パディントンにあるセント・メアリー病院の私立病棟が選ばれた。
この病棟は、高額であるかわりに設備・安全面などでハイクラスに分類される場所。姉のキャサリン妃もここで3人の赤ちゃんを出産したことで知られる。
甥の誕生で、伯母となったキャサリン妃。夫のウィリアム王子(36)とともに、「興奮している」という喜びのメッセージを発表した。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)