ひどい自作ケーキ選手権⁉ SNSで失敗を自慢する人たち

■手作りケーキの失敗は残念だが、それで誰かが笑って幸せになるのなら失敗ケーキも浮かばれる⁉ ケーキの失敗作写真をシェアするオーストラリアのFacebookグループが人気を博している。共通の課題はアイシングらしく、『期待を裏切らない』センス抜群の失敗作が並ぶ。「デイリー・メール」紙(電子版)が伝えた。

まずはアイシングがゆるすぎて、作業台にまで流れ落ちてしまったというもの。作者からは「ちょっと雑だった」とのコメントが添えられている。アイシングが嫌いな息子のためにカスタードを使い、恐竜のフィギュアを載せたケーキは、その優しさが裏目に出た。「ケーキが崩壊するのを青リンゴが食い止めている」「緑のアイシングが恐竜の沼地に見えなくもない」など前向きで温かいコメントも寄せられた。

他にも、奇怪なマシュマロの塊が載った青いケーキ、虹色にしようとして禍々(まがまが)しい色になってしまったケーキ等々個性豊かなシビれる作品のオンパレード。失敗は成功の母。しかし投稿者の1人が今回学んだという教訓、それは「次は買う」。それはそれで、賢明な判断かも。

写真は全てFacebookより

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)