ネット社会ならでは?鉄道会社がネット上で謝罪する回数、年間で◯万回!

遅延やキャンセルが日常茶飯事の英国の鉄道会社。今年に入ってから、何らかの理由で乗客に謝罪した回数が42万回(※編集部註:10月9日現在では43万回を突破)にも及んでいることが分かり、話題となっている。「デイリー・テレグラフ」紙が報じた。
 52の鉄道会社、航空会社に対する苦情対応が集計されているウェブサイト「Sorryfortheinconvenience.co.uk」(直訳すると「ご不便をおかけしお詫び申し上げます」)によると、鉄道会社の一日の謝罪回数は累計にして1000回以上になるという。ソーシャル・メディアでのやり取りに限ってみると、最も謝罪回数が多いのは「Northern Rail」で、「Great Western」がこれに続くことも明らかになった。
 謝らないより、謝ってもらったほうがまだマシだが、謝れば済むというわけではないこともお忘れなく!

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)