キャサリン妃VSメガン妃 …ファッション女王はどちら?

■5月にハリー王子と結婚し、英王室の一員となった米国人で元女優のメガン妃(37)。かたや、ウィリアム王子とのあいだに2男1女をもうけ、良妻賢母ぶりを見せるキャサリン妃(36)。両名ともファッション・リーダーとしての注目度は高いが、果たして、どちらが「上」なのか。「メトロ」紙が伝えた。

比較は難しいものの、英オークションサイト「eBay」の年間レポートの結果に限っていえば、キャサリン妃に軍配が上がるという。
このレポートでは、同サイト内で検索された回数により、特定の商品の人気度を提示。例えば、キャサリン妃が昨年11月、ルイ王子の妊娠4ヵ月目の時に着用した妊婦用コートは、検索回数がそれまでの3倍に急増した。また、同妃がルイ王子出産後に着用した、ジェニー・パッカムのデザインのワンピースはそれまでの2倍の検索数を記録したという。一方、メガン妃が身に着けたものでは、ジバンシーのワンピースが検索数60%アップとなるにとどまった。
キャサリン妃の選んだ服のほうが、「eBay」に出品される確率が高いと考えられていることの表れともいえる。メガン妃の服のチョイスは非庶民的!?

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)