【英国も注目!】ニューヨーク・ポスト 「全米オープンが大坂にしたことは恥ずべき事」

 「ニューヨーク・ポスト」は9日、作家のモーリーン・キャラハン氏の論評を掲載した。キャラハン氏は観衆や解説者、全米オープン開催者を厳しく批判した。  同氏は「大坂にとって、全米オープンのファイナルで憧れのウィリアムズと勝負することは子どもの頃からの夢だった。これほどスポーツマンシップからかけ離れたイベントを私は知らない。世界最強とされる相手をねじ伏せて引き寄せた大坂の勝利は汚された。優勝セレモニーで、大坂は黒いバイザーで顔を隠して泣いた。観衆は彼女にブーイングを浴びせた。USTA(全米テニス協会)の会長は『私たちが期待していた終わり方ではないのだろうけれど』と言ってスピーチをはじめ、『セリーナ、あなたはチャンピオンの中のチャンピオン』とウィリアムズを持ち上げ、勝者を侮辱するような対応をした」と指摘した。  一方で、「キャリアがスタートしたばかりの若い大坂はコートの内外で闘志や決意、成熟ぶりを示した」と手放しで称賛した。そして、「仮にこの大会で何か奪われたものがあったのだとしたら、それは大坂が手に入れるべき覇者としての純粋な喜びの瞬間だった」と結んだ。

記念撮影会に白いワンピース姿で現れた可愛い大坂なおみ

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)