【少年4人、写真撮影しSNSに投稿の愚】障害者女性に 小麦粉と卵、投げつけ

■イングランド東部サフォークのベリー・セント・エドモンズで7月27日夕方、公園のベンチに座っていた障害を持つ女性に、少年らが小麦粉や卵を投げつける事件が発生した。その後、少年らは女性を取り囲んで写真を撮影。その写真がフェイスブックを含む複数のソーシャル・メディア(SNS)に投稿され、地元住人を中心に怒りの声が上がっている。英各紙が伝えた。

投稿された写真に写るのは、白い粉で全身が覆われベンチに座る49歳の女性と、その背後に立ちカメラに向かってポーズをとる少年4人。問題の行動を起こしたのは、15歳の少年2人と、17歳の少年2人とされ、このうちの1人がSNSに写真を投稿したと見られている。
警察は4人を逮捕したが、のちに釈放した。少年らは公園のベンチに座っていたこの女性と何らかの理由で口論となった末に、女性に小麦粉と卵を投げつけたと見られている。女性は怪我を負ってはいないものの、精神的に疲れきっているという。
「デイリー・メール」紙(電子版)では、地元住人の声を紹介。事件現場の近くに住む女性は、「少年らはみんな地元の子たちで、彼らが公園にたむろしているのを何度も見たことがある」とコメント。また別の年配女性は、「特に午後5時頃は、彼らが集まってドラックやアルコールをやっている時間帯なので近寄らないようにしている」と話したという。
未成年であることから少年らの名前は公表されていないものの、SNS上では既に名前などが特定されており、彼らに対する非難の声が高まっていることも伝えられた。

少年ら警察の保護下に

少年たちの身元が特定されたことで、SNS上には脅迫めいた書き込みが続々と上がっている。
間もなく16歳の誕生日を迎えるという少年の母親は、「週末に何が起こったのか分からないけれど、うちの子の名前がインターネット上に出回っているせいで私たちの生活は脅かされている」とメディアに回答。既に警察に相談し、現在は警察の保護下にあるという。「私たちの家に来て何か危害を加えようとする人が現れたら、すぐに警察に通報する」と語る。
また別の15歳の少年の父親は、「うちの子は、公園を通りかかったら友人たちが既に女性に小麦粉と卵をぶつけていたところで、誘われて一緒に写真に収まっただけだと言っている。しばらくは外出する際は、息子と一緒に私が出るようにする」とコメントしている。
一方、被害に遭った女性は少年らがやったことは到底許せることではない、と前置きしながら、「これ以上、この地域で事態がエスカレートすることは望まない。用心深く事態に向き合わなくてはならない」と話しているという。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)