使った覚えはないのに… 携帯のデータ使用に 1万ポンドの請求書!

■ サリー在住の英国人女性が、身に覚えのないインターネット使用量を理由に、携帯電話会社から1万ポンドもの高額請求をされていたという。「デイリー・メール」紙(電子版)が報じた。

今年2月、正午から午後8時の間に、映画9本分のデータ量に相当する17ギガバイトを使用したとして、携帯電話会社ユニコムから1万207ポンドの請求書が送られたのはレイチェル・ホーキンスさん(70)。ホーキンスさんが契約している毎月1ギガバイトのデータ使用量の超過分に対して、1ギガバイトあたり約512ポンドの追加料金が発生する契約になっていたためという。
ホーキンスさんはユニコム社に、データ使用詳細を開示するよう請求するも同社はこれを拒否。ホーキンスさんは英国情報通信庁に直訴したものの、結局1100ポンド(税抜)を支払わなければならなかったという。ユニコム社はホーキンスさんのデータ使用の情報に自信を持っており、また状況を鑑みて、請求金額を減額するなど譲歩にも応じているとコメントしている。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)