地下鉄ピカデリー・ライン、11日夜からのスト、中止!

ロンドン中心部とヒースロー空港を結ぶ、ロンドン地下鉄の中でも、もっとも重要な路線のひとつであるピカデリー・ラインで、本日(11日)夜9時から予定されていたストが回避されることが発表された。「イヴニング・スタンダード」紙が伝えた。
労働条件やシフトをめぐって、ピカデリー・ラインの運転手らが所属する労働組合は、本日(11日)夜9時から土曜日(13日)朝7時30分までのストライキを行うことを投票により決定。
このストを回避すべく話し合いが続けられていた。
11日夜7時からは、サッカーW杯決勝への切符をかけてイングランドがクロアチアと激突。イングランドは28年ぶりのベスト4という快進撃で、決勝進出への期待から、大きな盛り上がりを見せている。
試合の模様を大画面TVで放映するロンドン中のパブでは、どこも混雑が予想され、この試合と、ピカデリー・ラインのストが重なった場合には大規模な混乱が生じかねないと懸念が寄せられていた。
まずはひと安心というところだが、勝っても負けても、パブや通り、公共交通機関は、酔ったサッカーファンであふれると見られているだけに、この混乱に巻き込まれたくない人は、やっぱり早く家に帰るしかない!

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)