ニンジンはジャンクフード! ただしウサギにとって…

■ワーナー・ブラザーズのアニメ・キャラクターである、バッグス・バニーによって、ウサギとニンジンは密接に結びついている。しかし英動物虐待防止協会(RSPCA)は、ペットにある野菜類を与えないよう、飼い主たちに呼びかけている。

RSPCAは、ニンジンにはかなり多くの糖分が含まれているが、レタスはそれ以上に有害であると警告している。どちらの野菜も、飼い主がウサギに与えてはいけないとされるRSPCAの「ジャンクフード」リストに名を連ねている。
アイスバーグレタスは「オピウムレタス」の特徴で知られる、鎮痛効果を持つ乳酸菌を含んでおり、ウサギにとっては危険な軽度の幸福感を与えるとされる。
リンゴもまた、ミューズリーと併せるとかなりの糖分になると指摘。その代わり、ウサギにはタンポポの葉やバジル、ローズマリー、タイム、ミント、またはリンゴの葉などを与えるべきだという。
© Shankar S

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)