心臓病と脳卒中の抑制に効果あり!1日1個のタマゴが あなたを救う⁉

■ タマゴは長い間、英国人にとって偉大な朝食の定番となっている。最近の調査の結果、なぜ1日1個のタマゴを食べるべきなのかがはっきりとわかってきたという。「イブニング・スタンダード」紙(電子版)が報じた。

中国で行われた大規模な研究の結果、1日1個、タマゴを食べると心臓病や脳卒中のリスクが軽減されるということがわかっていた。この度「ハート(Heart)」誌に発表された新たな研究は、41万6213人を9年間にわたって調査した結果という。その中で毎日タマゴを食べていたのは13・1%。一方、9・1%の人はタマゴをほぼ食べていなかった。前者は後者と比較して心臓発作で26%、脳卒中では28%リスクが低く、心臓血管関連死のリスクも18%低かった。

また、週にタマゴを5個消費した人は週2個だった人と比べて冠動脈性心疾患をに罹患するリスクが12%低かったという。

ただし研究者たちは「今回の調査はあくまでも1日1個程度、ごく普通の食生活での消費量を比較調査したもので、毎食タマゴを食べるべきと言っているのではないので要注意」とアドバイスしている。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)