ロイヤル・アスコットの厳しい服装規定…今年から男性の「ナマ足」禁止!

4月に入り、春の訪れ(と呼ぶにはまだ時期尚早だが)とともに競馬関係のイベントが増えてきた。競馬イベントといえば、そのハイライトのひとつは、6月に行われるロイヤル・アスコット。女王主催の華やかな行事で、趣向をこらした女性ゲストたちの帽子が話題になることでもおなじみだ。
ただ、王室主催だけあり、厳しい服装規定があることでも知られる。特に、メンバー限定の「ロイヤル・エンクロージャー」(エンクロージャー=入場エリア)、そして一般の観客が入場できるエリアとしては一番ランクが上である「クィーン・アン・エンクロージャー」のチケット保持者については、こと細かに規定が設けられている。今年は、男性についてのある新規定が話題になっているという。「デイリー・テレグラフ」紙が伝えた。
服装規定に反すると、たとえどれほどの著名人であっても入場が拒否される。それだけに、毎年の「改定」には大きな注目が集まるのだが、今年、もっとも関心を呼んだのは男性の足元についての規定。
「素足」が禁止されるという。
必ずソックスを着用することと明言されており、ソックスをはいていない場合は、入場できない。石田純一さん、ロイヤル・アスコットにこられる際には、十分ご注意ください。

by 週刊ジャーニー(Japan Journals Ltd, London)